太鼓谷稲成神社は素晴らしかったですね。
千本鳥居の表参道から登ってきましたが、帰りは車道の方から下ってみましょう。
DSC_1199
車道を下っていると何か看板が見えてきました。
こちらは津和野城跡観光リフトのン乗り場です。
https://tsuwano-kanko.net/sightseeing/look/%E6%B4%A5%E5%92%8C%E9%87%8E%E5%9F%8E%E8%B7%A1/
ただ、リフト降り場から城跡までは徒歩20分ほど掛かるそうなので、今回は時間も限られているのでパスします。
なおもテクテク歩くと、数分で車道を降りきりました。
DSC_1202
DSC_1200
そして、3つ目の立ち寄りポイント「西周(にしあまね)旧居」に着きました。
http://www.tsuwano.net/www/contents/1000000439000/index.html
西周さんは「哲学」「感覚」などの言葉を生み出した明治の啓蒙思想家のようで、こちらは彼が21歳まで暮らした家です。
国指定史跡だそうです。
正直なところ、西周さんのことは存じ上げませんでした。
でも、安野光雅さんもそうですが、津和野のようなところで育つと特別な感性が生まれるような気がしますね。
DSC_1205
少し歩くと津和野川が見えてきました。
歩行者専用の常磐橋を渡ります。
実に長閑な風景です。
三田市出身のワシにはこういう山と川の風景は落ち着きますわ。
DSC_1207
近くの民家に鬼百合が咲いています。
盛夏も近いですね。
DSC_1211
DSC_1209
続いて到着したのは森鴎外旧宅。
https://www.kankou-shimane.com/destination/20355
こちらも国指定史跡です。
もう、説明のいらない文豪ですよね。
ワシでも知っているぐらいですから。
名前を知っているだけで、小説などは全く読んだことはないですが。
DSC_1212
DSC_1213
お庭にはいろいろなお花が咲いていますね。
桔梗と女郎花が見頃でした。
地元の方がせっせとお世話をしているのでしょうね。
DSC_1216
DSC_1217
DSC_1220
DSC_1221
DSC_1222
古い家をちゃんと残してますね~。
おじいちゃん、おばあちゃんの家を思い出しました。
では、津和野の街の方へ戻ることにしましょう。
DSC_1225
今度は津和野川沿いを歩きます。
山の上に津和野城址の石垣が見えます。
DSC_1226
おお、さっき登ってきた太鼓谷稲成神社の本殿も見えますね~。
あそこまで上がってきたんですね。
DSC_1227
少し歩くとさっき登った千本鳥居も見えてきました。
ここから見たら鳥居が綺麗に並んでいるのがよく解ります。
DSC_1233
津和野大橋まで戻ってきました。
あ~、本当にいい風景ですね~。
心が洗われる感じがします。
川に入って禊でもしたい気持ちになりましたわ。

ここからは津和野の市街地に入って行きます。

4日目、その6につづく